Web五郎さん

ウェブの隅っこに転がる「とある物事」についてクローズアップして書き連ねていくブログ。書き手はいつも満身創痍。

1組のキーボードとマウスを3台で共有

time 2017/02/25

1組のキーボードとマウスを3台で共有

どうも、WEB五郎さんです。ここに来られたということは、1組のキーボードとマウスを複数台で扱いたいという方かと思います。

マシンを複数台持っていると、それに伴ってキーボードもマウスも増えていきます。
1台につき1組で運用するとなると、デスク周りがえらいこっちゃになりますよね。

スポンサーリンク

2台のマシンを1組で扱う場合は超簡単

エレコム KVMスイッチ

エレコム KVMスイッチ、シンプルで賢い機能

WEB五郎さんが昔から運用している切り替え機はお値段もお手頃でオススメしたい一品です。

このエレコム KVMスイッチはパッケージの通り、キーボードとマウスの1セットを2代のパソコンで操ることができます。

普通の使い方の一例

裏面もどうぞ

裏面もどうぞ

画像の通り、びろーんと伸びたUSBを用いてKVMスイッチとパソコンA、パソコンBを繋ぎます。

あとは逆側にキーボードとマウスを繋げるだけ。
これ以外のUSB接続機器を挿してもOKです。
また、USBハブを繋げてさらに切り替え機器を増やしたり…なんてこともOKです。
PCやOSによっては動作が不安定になるかもしれません。

ちなみに速度は確かUSB2.0まで対応のはず。

PC2台の電源を入れて必要時に切り替えボタンをポチッと

パソコン2台の電源を入れて、切り替えボタンをポチッと押してやるとUSBをザクっと抜いて挿し直したような挙動になるので、マウスとキーボード以外はオススメできません。

HDDなどの記憶媒体を繋げて切り替え運用を行う場合、リスクがありそうな予感がしますw

それ以外の単純なガジェットであればUSBハブを繋げて運用も楽しいと思いますよ。

電源がついたマシンに接続してくれる

地味に助かる機能がこれ。電源を入れたらサッと使いたいですよね。
PC1、PC2に関わらず、電源がオンになったマシンを選んで繋いでくれます。

完全手動式だと「あれ?動かな…あぁそうだ、2番だったわ」なんて物理ボタンをカチカチおして対応するところを自動で判断して繋げてくれます。

WEB五郎さんはマシン3台を切り替えたい

そんな機能をマシン3台で使いたいのです。

切替器を使いたいWEB五郎さんの環境と使用用途は…

Windows10が2台とChromeboxが1台。ディスプレイモニターは2台。
旧Win10(core i5 mem8GB)は様々なソフトを積んでおり、あらゆる仕事を楽々こなしてくれます。
新Win10(core i7 mem8GB)はほぼソフトをインストールしておらず、比較的軽い仕事を担当します。
Chromebox(mem16GB)は普段使いのPCとして今季トップレベルの稼働率。

これら3台がPC付近に設置されています。

ディスプレイに関しては既に自動分配器がついているので3台とも問題なし。問題はキーボードとマウスのやり繰り…

遠い昔に購入したエレコムKVMスイッチ1個で新旧Win10でやり繰りしていましたが、ここにきてChromeboxさんがやってきたので調和のバランスが崩れてしまいました。

Chromeboxさんには常時マウスだけ取り付けて、エレコム KVMスイッチ側のキーボードを抜いてブスッと挿して対応させていましたが…いちいち抜き差しするのも面倒になってきましたので、どうしたもんかと考えるようになりました。

各マシンを同時に使うことはあまりありませんが、各マシンに電源が入ったら何も考えることなくサクッと使えるようになればなーと思ったのです。

そうだ、エレコム KVMスイッチを二個繋げれば3台まで行けるんじゃなかろうか

KVMスイッチ到着

KVMスイッチ到着(毛は猫さんの毛)

Amazonでポチってすぐに届きました。
細かい傷がついている物が既に何年も使っているKVMスイッチ。引っ張ったり乱暴に扱わなければ5年以上は持ちます。

脳内変換では繋げるだけで、シンプルに電源が入ったマシン毎に反応、USB機器の切り替えがボタン一発で済むことになります。

急いで繋いでみた

いいねいいね!切り替えがバッチリ効きます。

これで3台とも満遍なく使ってあげることができます。
本当はChromebook用にマウスも分配してあげたいところですが…Chromebookは完全にモバイルノートとしての役に就いてもらうとします。

エレコムKVMスイッチのメリットデメリット

エレコムKVMスイッチのお値段はAmazonで約2000円。(電気店だと4000円から5000円程するかも)

USB機器のみ対応。ケーブルがやたら長い。マグネットシールも添付。色はブラックのみ。ケーブルを引っ張ったり振り回したりすると早めに壊れそう。

物理ボタンでUSB提供先マシンの切り替えが可能。

マシンの電源を入れれば自動で認識。手動でボタンを押さなくてもいい。

Windows10以下のOSだと切り替わりが遅い。

Chromeboxでも認識は素早く、そして動作にも問題はない。

PC2台対応以降は、1個買い増すごとにPC1台ずつ対応。

台数がもっと多い場合は大人しく別商品を検討すること。

WEB五郎さんチョイス

ディスプレイも切り替えたいという方はディスプレイ&USB自動認識機能がついた切替器をオススメします。

「PC2台持ち、USB切り替えで安いのがいいな〜」という場合はWEB五郎さんチョイスがオススメ。

「PC3台持ち、USB切り替えだけで良いんだよな〜」という場合もWEB五郎さんチョイスがオススメ。

スポンサーリンク

down

コメントする




スポンサーリンク

プロフィール

Web五郎(うぇぶごろう)

Web五郎(うぇぶごろう)

web五郎(うぇぶごろう)です。またの名をカトリーヌと申します。O型てんびん座です。基本的に呑気で陽気です。自分でも楽天家だと思うくらい終わってる感じです。広く浅く色々やってます。 魚介類好きです。肉も好きです。割と料理もします。楽天やAmazonのセール時にはずーっと見ているくらい買い物が好きです。IT小物、ガジェット大好きです。バイク持ってましたが売却、次は車です。ペット飼ってます。モンハン大好きです。 商品のレビュー依頼や商品の記事化、その他のご提案はメールでお送りください。



スポンサーリンク

Rakuten PR

Amazon イベント PR

即日お届け、WEB五郎さんも便利に活用しています!

Amazon バーゲン PR

webgoro